福利厚生・研修制度

福利厚生WELFARE

社会保険完備

ケガや病気などの不測の事態があっても手厚い保障が受けられたり、老後の年金受給額が増えたり、なにかと助かる社会保険。安心して長く働くための従業員の大切な権利です。

独身寮あり

東京工場の敷地内に単身者向けの1ルームマンション寮を完備。寮費は月1000円(駐車場代も無料)で食堂や大浴場も完備しているので、地方出身の先輩も多数入居しています。

借上社宅あり

既婚者には借上社宅制度を用意。自分で選んだ物件を会社が賃貸契約して低価格で貸し出してくれるので(規定あり)、生活費を節約できます。家族が増えても安心ですよ。

交通費全額支給

電車やバスなど公共交通機関による通勤交通費は全額会社負担。工場勤務の従業員はマイカー通勤が大半です。もちろん全額支給します。

資格取得支援制度

書籍購入費も含めた資格取得にかかる費用は会社が負担。また、コンクリート技士や自動車整備士など会社が指定する資格を取得した方には報奨金や毎月の資格手当を支給します。

退職金制度

会社から、長く勤めてくれた社員への感謝の気持ちとして、退職金制度を完備(3年以上勤務者)。また、定年退職は60歳ですが、65歳までの再雇用制度も利用可能です。

その他にも、財形貯蓄、損害保険(割引制度あり)、慶弔見舞金、社員貸付金、提案表彰、永年勤続表彰、資格取得表彰、作業服貸与、再雇用制度、育児休業制度、介護休業制度など、大手ならではの充実の福利厚生をご用意しています。

募集一覧を見る

研修制度TRAINING

入社から一人前になるまで

入社後まずは、会社や事業、生コンクリートの試験・製造などに関する基礎研修に参加。その後、工場のルールや安全衛生などについての実習教育を受けていただきます。基本的な知識をひと通り身につけたら配属先へ。先輩社員の指導のもと実務を通して生コンクリートへの理解をさらに深めていきます。未経験から一人前になるまで、およそ2~3年。コンクリート製造は人の命にも関わる非常に意義のある仕事ですので、あせらずじっくり成長していってください。

学ぶ姿勢を応援します

入社1年目には、グループ会社である太平洋セメントが主催するコンクリート技術研修会の基礎コースや、生コンクリート工業組合が主催するコンクリート初級技術研修会、労働基準監督署による安全衛生研修などの外部研修にも参加していただきます。同業他社の方も多数参加するので、新たな発見や刺激にもつながるはずです。また、支援制度を利用して資格を取得すれば、仕事の幅や収入もアップしますので、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

キャリアアップ例CAREERE UP

中途 MID-CAREERE

19歳で中途入社し、副工場長へ
Kさん(46歳)
東京工場副工場長兼生産課長

父の紹介で上陽レミコンに入社し、試験課で基礎を学んだ後に24歳で生産課に異動。その後30歳で係長に抜擢され、38歳で課長、43歳で副工場長へ。20代のころは早く一人前になりたい一心で、自分の評価ばかり気にしていました。でも、それがチャレンジする原動力となり、結果として様々なことを経験させていただき、評価にもつながりました。
そんな私も、管理職になってからは部下が成長したり、褒められたりすることがうれしいんですから、不思議ですよね。私が部下を評価する際に大切にしていることは、前向きにチャレンジしているかどうか。前のめりな失敗であれば怒りません。若いうちはどんどん失敗して成長してほしいですね。

中途 MID-CAREERE

ドライバーから副工場長へ
Sさん(53歳)
東京工場副工場長兼試験課長

27歳で上陽レミコン運輸にアルバイトのドライバーとして入社。そこで、興味本位で受験したコンクリート技士の資格に合格したことがきっかけで当時の社長から声をかけていただき、社員登用されて上陽レミコンに出向することになりました。その後33歳で上陽レミコンの試験課に転籍し、39歳で係長、47歳で課長、50歳で副工場長へとキャリアを重ねてきました。
私が社員として当社に入社したのは33歳のときですが、経験の有無や年齢に関わらず、実績や前向きに取り組む姿勢を正当に評価してくれる会社だからこそ、アルバイトのドライバーから副工場長にまでキャリアアップすることができたと思っています。